ゴルフスイングの基本(軸、グリップ、インパクト、軌道、安定性の向上)などに関する初心者のドライバー、アイアンの打ち方や上達法。ひじ、腰、腕、手首の使い方。コック、スライス、シャンクにも役立つ修正(矯正)練習上達理論。
おすすめのゴルフレッスンDVD(男子用、女子用)などを紹介していきます。

ゴルフスイングにおいて、基本を押さえておくことは欠かせません。
第一にスイングのポイントとなることについて、何を意識しておけばいいのか、基本的なことをしっかり覚えておきましょう。

ゴルフスイングは正確により遠くへボールを飛ばすということが目的になり、それを実現しなければスコアアップは期待できません。
そしてそのスイングが人間の自然な体の動きから発生させられるのが理想的で、無理な姿勢をすることは防がなければなりません。

ゴルフは遠心力でボールを飛ばすことになるスポーツなので、ヘッドの遠心力を最大限に効率的に伝えることができるグリップの握り方が大切になります。
ストロンググリップ、ウィークグリップ、スクエアグリップといったグリップの仕方がありますが、必ず力を入れて握らないことが重要になります。

他人からクラブを引っ張られたときに手から抜けてしまうくらいのイメージで「ちょっと弱い?」と自分で感じく程度で握ります。
初心者のうちは特に強く握ってしまう傾向があるので、意識してグリップしてみましょう。

スイングを分類すると、クラブを後ろに振って上げていくテークバック、そのクラブを振り下ろすダウンスイング、クラブヘッドがボールにあたる打つ瞬間であるインパクト、その後のクラブを振り抜いていくフォロースルーというプロセスになります。

ゴルフ初心者の人は、腕力でボールを打ってしまうイメージを持っていますが、本当はある程度の飛距離を伸ばすショットを打つには腕力はそれほど必要ないと言われています。

間違えやすいのは、力任せにスイングすることで、スイングの安定性が損なわれることやインパクトしても飛距離が出ないことがあります。

ボールを飛ばして飛距離をアップさせるポイントは、ボールにクラブヘッドの遠心力をいかに効率的に伝えるかということです。そしてそのためには、腕とクラブをシンクロさせることがとても大切になります。

腕とクラブをどのようにして具体的にシンクロ(同調)させるかというと、スイング中に腕の形を三角形に維持するということです。

スイングの全てのプロセス(テークバック・ダウンスイング・インパクト・フォロースルー)で腕の三角形をキープするスイングを心掛けます。

それが可能になると、力に依存するスイングをしなくても、クラブヘッドの遠心力を的確にボールにインパクトすることができるようになり、飛距離のある綺麗な弾道を打てるようになります。

ここをクリック
↓↓↓↓↓
ゴルフ スイング

関連記事


    会社の後輩が、ライザップゴルフを始めて、みるみるゴルフが上達してきました。 ついこの間までは、超ド素人だったのですが、1年も経たないうちに私のスコアを抜いてきました。 私の面目丸つぶれです。 やっぱり…