スキャルピングとは、数秒から数十秒という時間で少ない利益をストックしていく超短期トレードのことで、チャートあるいはテクニカル指標を読み取りながら「売り・買い」するというものです。

スキャルピングというのは、1売買で数銭から数十銭程度という少ない利幅を得ることを目的に、毎日繰り返し取引をして利益をストックし続ける、異常とも言える取引手法なのです。

FXで言うところのポジションというのは、保証金とも言える証拠金を口座に送金して、豪ドル/円などの通貨ペアを売ったり買ったりすることを指すのです。
ついでに言いますと、外貨預金には「ポジション」という考え方は見当たりません。

今日では、どこのFX会社も売買手数料は取りませんが、それに代わる形でスプレッドがあり、このスプレッドこそが現実的なFX会社の利益ということになります。

MT4と言われているものは、ロシア製のFX限定のトレーディングツールになります。
無償で使用することが可能で、その上機能性抜群という理由もある、昨今FXトレーダーからの評価も上がっています。

FX取り引きは、「ポジションを建てる⇒決済する」の繰り返しなのです。
割と易しいことのように思われるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミングまたは決済をするタイミングは、とっても難しいという感想を持つでしょう。

システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)に即してテクニカルポイントに到達した時に、システムがひとりでに売買します。
とは言え、自動売買プログラムは使用者が選ばなくてはなりません。

MT4をパソコンにインストールして、インターネットに接続した状態で一日24時間稼働させておけば、横になっている間も自動でFX取り引きを行なってくれるわけです。

スキャルピングという売買法は、どちらかと言えば予想しやすい中期から長期にかけての経済指標などは無視をして、確率50%の戦いを直感的に、かついつまでも継続するというようなものだと考えています。

ほとんどのFX会社が仮想通貨を用いたトレード体験(デモトレード)環境を準備しています。
自分自身のお金を使うことなくデモトレード(トレード練習)が可能ですので、積極的に体験してみるといいでしょう。

「デモトレードをしても、実際のお金で痛い目に遭うわけではないので、メンタル上の経験を積むには無理がある!」、「自分で稼いだお金を注ぎ込んでこそ、初めて経験を積むことができると言えるのだ!」と言われる方も多いです。

申し込みに関しましては、業者が開設している専用HPのFX口座開設ページを通して15分~20分くらいで完了するでしょう。
申込フォームへの入力を終えましたら、必要書類を郵送などで送付し審査をしてもらうというわけです。

チャートの値動きを分析して、いつ「売り・買い」すべきかの判定をすることをテクニカル分析と称するわけですが、このテクニカル分析ができるようになったら、売買時期を間違うことも少なくなるはずです。

同じ1円の値幅だったとしても、レバレッジが1倍の時は1万円の損益になるわけですが、10倍ならば10万円の損益になるわけです。
簡単に言うと「レバレッジを欲張れば欲張るほどリスクも高まってしまう」ということなのです。

「各FX会社が供するサービス内容を探る時間が確保できない」というような方も少なくないでしょう。
それらの方に利用して頂こうと、それぞれのサービス内容でFX会社を比較した一覧表を提示しております。

詳しくはコチラ⇒ダウ理論

関連記事


    レバレッジと呼ばれるものは、FXに取り組む中で常に利用されることになるシステムということになりますが、投入資金以上の取り引きができますので、それほど多くない証拠金で多額の利益を生むことも望むことができ…